四街道市のむち打ち治療ならアース整骨院


むち打ち


むち打ちとは、交通事故やスポーツなどによって体に衝撃を受けた際に、首の靭帯や筋肉に損傷を負ってしまうことで起こる症状です。シートベルトによって体は固定されていても、首から上は固定されていないので、首だけが前方に放り出されてしまうので、交通事故ではむち打ちが起こりやすいです。むち打ち症は自動車の追突事故で最も発生するケガです。交通事故の衝撃で首が前後にムチのようにしなって発生することから、その名称がつけられました。

別名「頸椎捻挫」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれています。むち打ちには「頸椎捻挫型」「バレー・ルー症候群型」「神経根症状型」「脊椎症状型」と4つのタイプがあります。

 

頸椎捻挫型

むち打ち症全体の70~80%を占め、頸椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷。

根症状型

頸椎に歪みができて、神経が圧迫されて症状がでます。首の痛み、腕の痺れ、怠さ、後頭部の痛み、顔面痛などが現れます。

バレー・ルー症候群

別名、後部交感神経症候群。椎骨動脈の血流が低下して、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現われます。

脊椎症状型

頸椎の脊髄が傷ついたり、下肢に伸びる神経が損傷されて、下肢の痺れや知覚障害が起こり、歩行障害が現れます。また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなる場合もあります。

脳脊髄液減少症

髄液圧の上昇により腰椎の神経根が圧迫されクモ膜が裂けると考えられています。その症状は多岐にわたり、不定愁訴がそれにあたります。初期症状として頭痛が特徴的です。また天候や気圧に影響されやすいです。

 

むち打ち症を負った場合、事故直後すぐには症状が現われないことが多いです。「大丈夫」と思って、そのままにしてしまうと症状が悪化してしまうので必ず医療機関を受けて下さい。その際、ほとんどの方が病院や整形外科にかかると思います。病院や整形外科では検査にレントゲンを使用しますが、レントゲンは骨の異常を検査する医療機器になりますので、関節や靭帯、関節包を損傷しているむち打ち症は確認することが出来ません。その為、診断で異常がない場合は湿布やお薬を処方して治療が終了することもあります。病院や整形外科でリハビリなど効果的な治療が受けられない場合は、整骨院のように骨格や関節、筋肉、靭帯などの治療を専門とする施設で治療されるのが適切です。四街道市のアース整骨院では、交通事故の治療も行います。自賠責保険や任意保険などの保険請求も患者様に代わって行いますので、心にゆとりをもって治療に臨んでいただけます。

 

病院・整形外科


近年75歳以上の高齢者でも車を運転することが多く、それによって重大な事故の発生頻度が高まっています。高齢者の自動車運転になると、本人の意思に関係なく運転操作を誤ることも少なくありません。しかし、このような事故はブレーキ操作もなされない場合もあり、被害者側の怪我は深刻になることも多いです。

実は交通事故に遭って、目立った症状もなくて被害者本人も健康被害を自覚できない場合、後日発覚した段階で耐えられないほどの苦痛に悩まされることもあります。そのため病院などで医療行為による治療が必須です。

病院や整形外科でレントゲン検査を受けます。病院では最先端の医療行為を受けることができます。病院の受診は、交通事故から2週間以内に行ってください。事故から期間が経ち過ぎると、事故との因果関係が認められなくなるからです。

 

病院で治りにくい症状の一つに「むち打ち」があります。むち打ちは、交通事故の衝撃によって首が投げ出され、首の筋肉や靭帯などに損傷を負ってしまうという症状です。むち打ちは、レントゲンなどの検査に写りにくい症状です。病院による薬物投与や電気治療では限界があり、適切な対処ができない場合があります。病院の治療に少しでも疑問を感じ始めた場合は、筋肉や関節に対してより専門的な治療を行える整骨院にご相談ください。

他の病院、整形外科、整骨院に通院中の方でも転院できます。

病院と併用して整骨院に通院することもできます。